【心理塾】「学び」の奥深さ―パンづくりから

個人的なことなのですが、
好きが高じて、パンづくりの教室に通いはじめました。

 

そういうこともあって、
「学ぶ」ことの楽しさを
再確認しています。

 

パン作りについては興味を持っていたので
材料や手順を分かっていたつもりだったのですが、
実際に、パン生地に触れて、
形作ってみると
美味しい食感や味わいには、驚くほどに繊細な手作業や、工程があることに
すぐに気づかされました。
そしてその作業は、一朝一夕では身につかない技術であることも。

 

教室に通う前の私は、
「知っている」というだけで
できるようになった気分になっていた
んですね。

 

カウンセリングも同じ。
心理療法については著名な先生方が
様々な切り口で著書を出版されています。
でも、読んだだけでは、なかなか自分のものにはできません

 

それが例え
シンプルな技法であったとしても、
眼の前のクライエントにとっては
しっくりこないかもしれない。

 

情報としては、
シンプルで簡単そうにみえても
実際にやってみるのには、困難があるということ。

 

地道に研修を積み重ねつつ、
クライエントさんからは、学ばせていただく姿勢を忘れずに
ひるまずに実践を続けたいものですね。

 

私自身も道半ばです。
皆様と共に、有意義な学びの時間を過ごせることを楽しみにしております。

 

「一級心理士養成講座」では、「辛いとき、すぐに」援助するためのカウンセリング・アプローチを学べます。
講座のご案内は、こちらから。

心理カウンセリングについて学んでみたいかた、生活に活かしたい方には
「二級心理士養成講座」もございます。
お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL

CAPTCHA