【心理塾】杉下右京に学ぶ、自信を養うコツ

心理カウンセラーは、
クライエントにとって望ましい変化を目指して関わる訳ですが、

この心理カウンセラーがねらう変化とは、
一発逆転を目指すのではなく、小さな変化です。

 

ここで言う「小さな変化」というのは、
「具体的で、できれば行動レベル」のもので
「確実な成功」が期待できるものを指します。

 

だって、小さな変化の方が
「できた」ことがわかりやすいから。

 

例えば
「仕事になるべく早く復帰しなくちゃ!」
復職に意欲を持てることも大事ですが、
意欲だけで復職できるなら、苦労はしませんね。
・朝起きたらカーテンを開ける
・朝〇時には布団から出る
・一日一回は散歩に行く 等
「必ずできる」くらいの小さなことに目を向けていくことで、
変化がわかりやすく実感できて、自信を育んでいけます。
結果的に、復帰も長期化せずに済むかもしれません。

 

今秋season17が始まったばかりの、ドラマ「相棒」(テレビ朝日)。
このシリーズから、杉下右京(水谷豊)の言葉を借りれば、

 

“そうですねぇ、コツコツやることですね”
(ドラマ「相棒season10」第14話“悪友”より)

 

これが、自信を養っていくコツ。コツコツだけに。

 

この回でも、一発逆転をねらって嵌められた三人組が、またも懲りずに、
「会社を立てるために、起業家とコネクションを作ろう!」
三人三様で頑張る訳ですが、結局はしょっぴかれてしまいました。

 

大きなビジョンを持てることは、
大変に素晴らしいことと思いますが、
一発逆転に終始してしまったことが、実に惜しいなぁと感じます。
(一方で、自分の強みや今ある立場、
仕事を通して成し遂げないことは何か、
それには会社を興すことや、その起業家とのコネクションは重要なのか?
すでにできていることを踏まえ、イロイロ考えた上で、
チャンスと覚悟を決めての決断だとも信じたいですが…どうでしょうかね)

 

ここで
“そうですねぇ、コツコツやることですね”
右京さんの言葉が響きます。

 

“コツコツ”とはつまり、
すでにできてていることに目を向けて、小さな変化を起こしていくこと。
ここから小さな変化を皮切りに、
大きな変化につながるドミノが
自然に、そして自信も動力にして、パタパタと動き出していく。

 

大きな変化は、小さな変化からという訳です。
いかがだったでしょうか?

 

安心感のあるパートナーシップを目指す
「二級心理士養成講座」を開講しています。
詳しいご案内はこちら

また、「一級心理士養成講座」では、
心理カウンセラーに求められる、
具体的なアプローチについて学べます。

お気軽にお問い合わせフォームからお問い合わせください。

ご自分の「強み」を見つめ直したい方に、
「強み」分析ツールをご用意しております。
こちらもどうぞお役立てください。