【心理塾】ジブリ映画「となりのトトロ」にみる、子どもを見守る姿勢

ジブリ映画「となりのトトロ」から
大好きなシーンがこちら。

メイが1人、庭で遊んでいた流れでトトロに初めて会った後、
サツキとお父さん2人で、メイを見つけ出します。
「トトロいたんだよ」
メイが大発見を必死に伝えるものの、
健闘虚しくトトロのもとにはたどり着けません。
ついにサツキたちに笑われてしまいます。
「ほんとだもん! 本当にトトロいたんだもん!ウソじゃないもん!」
今にも泣き出しそうなメイ。
そこへお父さんが優しく語りかけます。

「メイ。お父さんもサツキも、メイがウソつきだなんて思っていないよ。
メイはきっと、この森の主に会ったんだ。それはとても運がいいことなんだよ。
でも、いつも会えるとは限らない。
さあ、まだ挨拶に行っていなかったね。
塚森へ出発!」

こんなふうに温かく、否定せずに受け入れられるって
とっても嬉しいだろうなぁ。
自分が大人になって観返すと、思わず目の端が涙で滲みます。

大人にとっては、
「そんなことあるはずない」と言い切ってしまえることでも、
子どもの目から見た世界を否定しない。
もっと言えば、子どもが何か「うまくいかない」と悩んでいるとき
つい「こうすればいいじゃない」
「小さなことを気にするな」と
大人の考えで口を出してしまいがちですが、
悩みに子どもなりに向き合っている、
そして自分なりの答えを出そうとしている、
子どもを信じて見守る姿勢に通じるものが
ここにはあるように思います。

そんなふうに見守ることができたとしたら、
とってもユニークな子どもの発想を
面白がることができるのかもしれませんね。

普段のコミュニケーションに生かせる
「二級心理士養成講座」を開講しています。
詳しいご案内はこちら

また、「一級心理士養成講座」では、
心理カウンセラーに求められる、
具体的なアプローチについて学べます。

お気軽にお問い合わせください。

ご自分の「強み」を見つめ直したい方に、
「強み」分析ツールをご用意しております。
こちらもどうぞお役立てください。
無料カウンセリング