【心理塾】「失敗ばかり」の物語から、「生き抜いてきた」物語へ

クライエントさんは
抱えてきた問題の大変さを訴えます。
「このところ、疲れが取れなくて」
「頑張ってきたけれど、これ以上は無理」
「ここ5年ほど不調が続いていて」
「物心ついたころから家族が不仲で」
「過去にいじめられた経験があって」

今の『上手くいかなさ』にとどまらず、
それが過去から連綿と続いていると語る方もおられます。
これまでも、今も、そしてこれからも
「失敗ばかりの人生だ」と
嘆いて、憤って、時には諦めかけることも。

私たち心理カウンセラーは、
クライエントの語る「失敗ばかり」の物語に
変化をもたらすことが求められています。

例えば、「失敗ばかり」の過去について
今があるのは、生き抜いてきた力があってのこと。
そして、生き抜いてきた力を生かしたら、
「失敗ばかり」とはまた違った未来が見えてくること。
そんなとらえ直しをサポートすること。

そのためには、心理カウンセラーが、
「人は、変わりたい気持ちと、変わるための力を持っている」
クライエントを信じつづけることが要ですね。

「一級心理士養成講座」では、
心理カウンセラーに求められる、具体的なアプローチについて学べます。
詳しいご案内はこちら

また、安心感のあるパートナーシップを目指す
「二級心理士養成講座」も、開講しています。
お気軽にお問い合わせください。

ご自分の「強み」を見つめ直したい方に、
「強み」分析ツールをご用意しております。
こちらもどうぞお役立てください。
無料カウンセリング