【心理塾】OSとなる姿勢―行き詰まりケースから

解決志向ブリーフセラピーには、
「クライエントが、自身の問題解決のための専門家なのだ」
という<発想の前提>があります。

ここには、
「 クライエントには解決できる力がある 」と信じる姿勢があり、
この姿勢は、例えるならパソコンのOSにあたります。
心理カウンセラーとして、また心理士養成講座の講師としても、
この姿勢を保っているつもりでいました。

でも、とあるケースが
「そうではない」と教えてくれました。

そのケースというのは、
担当カウンセラーとして行き詰まりを感じていたケースであり、
先輩カウンセラーに相談を持ちかけることもありました。
クライエントのできていることを見出したかったものの、
展開される話の内容にショックが大きく、
その動揺によって、できていることを見落としてしまっていたのです。

何が起こっていたのかというと、
解決できる力をクライエントが持っていると信じる姿勢が、大きく揺さぶられて
取ってつけたような対応に終始していたのです。

言い換えれば、
OSとなる姿勢が崩れてしまったことで、
そこにのっているアプリケーションソフトは
上手く動かなくなってしまった、といえます。

もしも、クライエントを信じ切る姿勢を保てていたなら、
また違った切り口で関われていたかもしれません。
もうそのときは、二度と訪れはしませんが、
行き詰まりケースからは、せめて学びを深めたいものですね。

「一級心理士養成講座」では、
心理カウンセラーに求められる、具体的なアプローチについて学べます。
詳しいご案内はこちら

また、安心感のあるパートナーシップを目指す
「二級心理士養成講座」も、開講しています。
お気軽にお問い合わせください。

無料カウンセリング