【心理塾】他にはないあなたの強みを生かして

クライエントさんから、
ご自分の仕事ぶりを
「できて当たり前だから」と評価する声をよく耳にします。
他には、
「自分にはこれしかないから
(他にやりようがない)」という声も。

できていることよりも、
できていない、うまくいかないことに
目が行きがちだという文脈が多いです。

たとえ「これしかない」にしても、
あなたの「できて当たり前」なことに
もっと目を向けてみましょう、
もっと言うと
「それって当たり前なんかじゃ全くない」というメッセージを届けたい。

時に、心理士の仕事には、
「よく話は聞いてもらえるけど、結局、何のために話をしたのかわからない」と
クライエントからの声があがります。
特に「現状を変えるためには
自分も動かなくては」
という思いを強くしている方からの声に多いと感じます。
そこには、
クライエントのニーズがある。

そう考えると、
眼の前のクライエントが、
このカウンセリングを選んできたのは
当たり前なんかじゃないんですよね。

あなただから話をしたい。
あなたの思いだから聞きたい。

「当たり前」に思えるかもしれないけれど、
そこには、あなたが活かしているものが、必ずあるはず。
そんなあなたの強みって、何ですか?

「一級心理士養成講座」では、
心理カウンセラーに求められる、具体的なアプローチについて学べます。
詳しいご案内はこちら

また、普段のコミュニケーションに生かせる
「二級心理士養成講座」も、開講しています。
お気軽にお問い合わせください。

ご自分の「強み」を見つめ直したい方に、
「強み」分析ツールをご用意しております。
こちらもどうぞお役立てください。
無料カウンセリング